授業の形態を確認


塾講師のアルバイトをする場合には、授業の形態をしっかりと確認しておく事が重要になります。 授業の形態というのは、どのような形でどのように生徒に教えているのかという事です。 つまり一人で大人数を教える授業形態なのか、それともマンツーマンで教える形態なのかなど大きく変わってきてしまうのです。



2016年の授業形態は個別授業か集団授業のどちらかになっています。 現在主流になりつつある個別授業は、塾講師と生徒が1対1、もしくは1対2など、塾の講師に対して宣戦の数が非常に少数な授業形態の事になります。 基本的には座って勉強している生徒の周りを塾の講師が先生がグルグル歩いたり、対面に座りながら生徒の学力に合わせて、指示を与えたり指導していく授業形態になります。 より個人の能力に合わせて勉強を教える事ができますので生徒の立場としては遣り甲斐がありますが、先生の責任はかなり重い物になってきます。



これに対して集団授業という物は、学校の授業のような形での授業形態になっています。塾の講師は黒板を使って勉強を教えます。 塾の講師は生徒全体を見ながら授業を進めていかなければいけませんので、全体を見渡す視野が必要になってきます。双方に難しさが異なりますので、それぞれのメリットとデメリットが違ってきます。